読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TKNBLOG

TKNの感覚値

「JOINOTICE」出演 camping trailer

はてな最高

 

昨日、約半年ぶりに、記事を書いた、個人的には力作を

しかし肝心のtwitter投稿の段階でtumblrとの連携がとれていない事が発覚。

はてなブログに電撃移籍した。

一応、そのエントリをコピペして当ブログにも転載しているので

よければこちらも

 

tknysk14.hateblo.jp

 

なんか色々「使いやすい」(小並感)

 

1/24「JOINOTICE」出演アーティストレビュー「camping trailer」

今日からは、連載という形で1/24(日)に開催される僕の自主企画「JOINOTICE」

こちらの出演アーティストのレビューを綴って行こうと思う。 

記念すべき第1弾はこちら

「camping triler」

 


Camping Trailer "Get Ready" 2015/05/04

 

twitter.com

camping.strikingly.com

"まだ間に合うよ、君はあのステージに立つのさ”(Get Readyサビより)

シンプルだけれど背中を押される言葉を、メロディとして音にのせた時

言葉の価値はそのまま話すよりも何倍も大きな意味を持つんだな、と

そしてなんで僕が「インディロック」や「エモ」と呼ばれる音楽を好きなのか。

「camping trailer」はそんな初期衝動や自分の本音を思いださせてくれたバンドだ。

 

death cab for cutiethe postal serviceといった「SUBPOP系」のバンドサウンドや

アレンジセンスに、初期BUMP OF CHICKEN(結構バンドバンドしてた頃)ライクな

日本人の耳にも心地よいグッドメロディ。

 

 

 

Plans

Plans

 

 

 

 

GIVE UP ~ 10th Anniversary Edition~ [帯解説・2CD/国内盤] (TRCP-108/109)

GIVE UP ~ 10th Anniversary Edition~ [帯解説・2CD/国内盤] (TRCP-108/109)

 

 

 

ユグドラシル

ユグドラシル

 

 

 

ファンタジーと現世を行き交う言葉選び

彼らの歌詞は抽象的な言葉を使い美しさを表現しつつも、伝えたいテーマは等身大の言葉で歌い上げる。この絶妙な歌詞のバランス感覚を持ち合わせているバンドは僕の知る限りではあまりいないように思う。どっちかに振り切ってる。

 

聞いてるだけで、カナダとか北アメリカの冬の星空の夜にたき火をする景色が広がる。

 

出会ってから2ヶ月ほどしか経ってないんだけれど、

「第1回チキチキ「Get Ready」いかに感情移入してライブ見れるか選手権」

があるとしたら優勝する自信はある。

 

それだけ、一瞬で人を惹き付ける魅力を持っているバンドだ。

「バンドの音楽に興味があるけれど、どんな音楽を聞いたらいいんだろう」

そんな感じで迷える高校生に真っ先に聞かせてあげたい。

 

当日、彼らの出番は16:50の2番目です

 

見終わった後、あなたは

「アラスカの大地で星空を見上げる高校生」のような

澄み切った、まっすぐな気持ちになれると思う。

 

次回、第2弾は「snooze」です。

 

2016/01/24(日)TKN×SDR pre.

「joinotice vol.1」

adv¥2,000 door ¥2,500(+1D)

open 16:00 start 16:15

scene

wakamiya

undersign

curve

ガナリヤ、サイレントニクス

camping trailer

snooze

image

 

お問い合わせ、ご予約は

/////////////////////////////////////////////////////////
scene mail:scene.official.mail@gmail.com

scene @(リプライ予約可)

TKN @(リプライ予約可)

////////////////////////////////////////////////////////