読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TKNBLOG

TKNの感覚値

「JOINOTICE」 出演 snooze

昨日、FBにてこんな記事を見つけ、即シェアした。

toyokeizai.net

 

ビール大好きです。

飲みに行くと、よっぽどの事が無い限りほぼビールしか飲まない。
そのせいか、20を過ぎた位からというもの、お腹周りだけ奇麗にぽこってる。

ぽこ、激ぽこ(古い)

 

それでも、やめられない、特にライブ直後のビール。

あれ、なんなんでしょうか。実写版ラストエリクサー

それくらい、疲れきって汗だくの身体を回復させてくれる最強のドリンク。

 

ちなみに、僕はハイネケンブルームーン党です。

 

UEFA CHANPIONS LEAGUE OFFICIAL BEARRRRRRRRRR!!!! 

 

モルソンクアーズ ブルームーン 355ml×24本

モルソンクアーズ ブルームーン 355ml×24本

 

 オススメなのは、夏の夕方16:00ちょい前くらいに外で飲む(町中で)

 

JOINOTICE 出演アーティスト snooze

t.co

踏み出せない、無理に笑えない、あの頃が忘れられない そんな劣等感やコンプレックス、執着心のループから抜け出せない

ても留まって自分を見つめ直すのもアリじゃないか?進むことが全てじゃなない

同じ気持ちを抱えた人に寄り添う音楽、そして何かを生み出すきっかけになるバンドになりたい

 (snooze biographyから抜粋)

 

サビで拳を突き上げたくなるような、エモの王道をいくメロディーラインに

所々遊びを入れてくるバンドサウンドは、ずっと聞いていても飽きることなく、

疲れる事も無い、いい意味で「丁度良い」バンドだと思う。

 

当日、彼らは記念すべきレコ発の初日、かつトップバッターです。

最高の船出を切れるよう、町田SDRという港からずっと手を振り続けようと思う。

 

キタジマサトルという男

僕には「奏でる人が好きになると、その音楽が好きになる」という傾向がある。

その事例に沿っていくと、snoozeもそうやって好きになって行った。

  • 同い年
  • 00年代メロコアバンド上がり
  • お互いローディーの経験あり(彼はかつてfifiというバンドでローディー)

上記のような共通のキーワードがあったけれども

それ以上に彼のバンドに対する「情熱」や「仕掛けてやる精神」に惹かれた。

 

•snooze立ち上げの際に前述している公式ドキュメントの作成

•美容室のクラウンドファウンディングへの楽曲提供

 

結成1年にしては仕掛けてると思いませんか。

 

彼らからはそうやって「自分たちを知ってもらおう」というひたむきな気持ちを

すごく感じるし、僕自信そうやって考えて行動している人が大好きだ。

 

そうすると、音楽も感情や熱意みたいな物が自然とにじみ出てくるし

そこに、ジャンルなんて物差し必要無いんじゃないかなと思う。

 

1/24もきっとお客さんにその情熱を届けるパフォーマンスを見せてくれるはずだし

そうしてくれると信じているので出演してもらう。

 

そして、終わった後は盛大に乾杯したい。

 

もちろん、ハイネケンで。

 

2016/01/24(日)TKN×SDR pre.

「joinotice vol.1」

adv¥2,000 door ¥2,500(+1D)

open 16:00 start 16:15

scene

wakamiya

undersign

curve

ガナリヤ、サイレントニクス

camping trailer

snooze

image

 

お問い合わせ、ご予約は

/////////////////////////////////////////////////////////
scene mail:scene.official.mail@gmail.com

scene @(リプライ予約可)

TKN @(リプライ予約可)

////////////////////////////////////////////////////////